よくある質問 | 国際ロータリー第2750地区青少年交換委員会|Rotary International District 2750 Rotary Youth Exchenge

よくある質問

Q. 中学生でも選考試験を受験可能ですか?

A. 受験可能ですが、中高一貫校である方に限ります。

Q. 英語がある程度できないと選考試験を受けられないのですか?

A. 受験は可能です。このプログラムは「小さな親善大使」として世界に派遣するのが目的ですので語学力は問いませんが基本的な語学力の試験を行います。

Q. 英語圏以外の派遣先もありますか?

A. 「国際ロータリー」は世界初の奉仕クラブ団体であり、200以上の国と地域に33,000近くのクラブを擁し、会員数は120万人以上です。英語圏以外にも沢山のロータリーがあります、これを利用し世界中に派遣される仕組みです。

Q. 派遣先の生活はどの様になりますか?

A. 基本は派遣国のロータリアン等の家にホームステイして、現地の高校に通います。「小さな親善大使」として「日本」を友人やロータリアンに知って頂く交流をして頂きます。そして派遣国の文化や風土を吸収し、友好の架け橋となって貰います。滞在費や学費に掛かる経費はホストクラブが負担をしてくれます。又、少額ですが毎月お小遣いをくれます。この様に派遣期間中はホストクラブが責任を持ってお世話してくれます。

Q. 派遣期間は如何程でしょうか?

A. 派遣期間は概ね一年間です、そして延長はできません。

Q. 途中で帰国することは可能ですか?

A. 基本的には帰国することはできません、派遣先でトラブルを起こした場合は強制帰国となり、その場合はこのプログラムから離脱することになります。

Q. 帰国後の大学受験に有利になりますか?

A. 有利になることはありません、一般高校生と同様に大学受験をしております。

Q. 合格した場合、オリエンテーションを休むことは可能ですか?

A. 基本的に休むことはできません、部活等と重なった場合はオリエンテーションを優先して貰います。

Q. 派遣先は自分で選択できますか?

A. いいえ、派遣先はロータリーが決定します。そして自分が行きたくない国だからといって辞退することはできません。

Q. 派遣国での単位の取得は可能ですか?

A. この青少年交換は留学ではありませんので単位の取得はできません、が現地の高校と交渉の上通学証明は発行して貰えます。帰国後日本の高校で留年か進級となるかは学校と派遣生本人でよく相談して下さい。